忍者ブログ

日記と言う名のブログです。

日記と言う名のブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


清志郎が甦る! 12月8日に開催される第9回「ジョン・レノン・スーパー・ライヴ」に、今年5月にがん性リンパ管症で亡くなった“キング・オブ・ロック”忌野清志郎さん(享年58)がバーチャル映像で出演することが分かった。歌うのは、清志郎さん自ら日本語詞をつけた「イマジン」。ジョンの世界観を体現した名曲が、例年にない感動を呼び起こす。

 「ジョン・レノン・スーパー・ライヴとして、(清志郎さんのために)何かがしたい」。ジョンの未亡人で同ライブの主催者、オノ・ヨーコ(76)のそんな思いがスタッフや出演者の気持ちを動かした。

 そこで浮上したのが、生前の清志郎さんの映像を、生きているかのようによみがえらせるアイデア。富士フイルムのCMでヨーコの出演作を手がけ、同公演にもユニット「THE SUNDAY DRIVERS」のメンバーとして出演するクリエーティブディレクター、箭内(やない)道彦(45)から出された。

 箭内は「ジョンの魂とともに清志郎さんが来たように表現したい」と熱い思いを語った。暗転の中、清志郎さんが天国から本当にステージに舞い降りたような、臨場感あふれる演出で客席を魅了することになりそう。

 ここまでヨーコが情熱を傾けるのには理由がある。2005年の第5回公演で初出演した清志郎さんは、暗転したステージにペンライトの光が揺らめく中、自ら日本語詞を考えた「マザー」と「イマジン」を歌った。

 「社会主義も 資本主義も エライ人も 貧しい人も みんなが同じならば かんたんなこと」(「イマジン」)などと独特の解釈で熱唱。意表をつくパフォーマンスに、ヨーコは驚くと同時にジョンに通じる世界観を感じ、以後は毎回のように会うことが楽しみな存在になった。

 さらに、ヨーコからの依頼を受け、清志郎さんをリスペクトしてやまない歌手、泉谷しげる(61)も初出演する。ヨーコから直々に手紙が届いたという泉谷は、「思考停止になっちまったよ!」などと自身のブログにアップ。憧れのジョンの歌を歌うことを楽しみにしている。


<夕刊フジニュースより>

すごいですね。バーチャルですか。
ヨーコさんもいろんなイベント出演されたり、がんばってますね。
あのジョンレノンの奥さんが日本人だなんて、日本人として誇りに思いますね。
PR

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
にっき
性別:
非公開
<<9月から大人に変身。  | HOME |  UFOに乗った?鳩山夫人に米メディア注目>>
Copyright ©  -- 日記と言う名のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ