忍者ブログ

日記と言う名のブログです。

日記と言う名のブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 巨人・谷佳知外野手(37)が17日、東京・大手町の球団本部で契約更改交渉に臨んだが保留した。今季年俸2億4000万円から約1億円のダウン提示があったとみられる。中継ぎ右腕の越智大祐投手(27)も11日に保留しており、4年ぶりにV逸した巨人に冬の嵐が吹いている。

 怒りのせいなのか、おのれのふがいなさを責めたからなのか…。契約更改交渉後、エレベーターホールに姿を見せた谷の顔は紅潮していた。

 「自分にとっても球団にとっても良い年ではなかった。減額はわかっていました。自分で納得できるならサインをするつもりでしたが…」

 第1回の交渉で、今季年俸2億4000万円から約1億円ダウンの来季年俸を提示されたとみられる。今季はルーキー・長野(ちょうの)の活躍もあってプロ入り最少の84試合の出場にとどまり打率・239、2本塁打、10打点と満足な成績も残せず、チームもV逸。ダウン提示は覚悟していたが、予想とかけ離れた額にサインはできなかった。

 巨人では11日に交渉に臨んだ越智が「希望額とは差があった」として保留。サインはしたものの、亀井や古城ら野手組にも減額提示が相次いでいる。「じっくり考えて結論を出したい」と言い残した谷の今後の“銭闘”も分は悪い。やはりプロは勝ってナンボの世界。V逸による冬の寒さを巨人の選手は身を持って知ることになりそうだ。




[サンケイスポーツニュース]より



 契約更改において減額は、優勝を逃したチームの宿命でしょうね。谷選手も活躍できなかったことは認めており、ダウン幅が少なければ、保留することはなかったのでしょう。来シーズンも契約してもらえる点はありがたいと思わなければダメですけどね・・・。



クリアコントロール
PR

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
にっき
性別:
非公開
<<岡村復帰でめちゃイケ視聴率5%アップ  | HOME |  高橋尚成メッツ退団、再契約交渉が決裂>>
Copyright ©  -- 日記と言う名のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ